申告終了後もアフターフォローします

相続税に関する手続きは、申告期限までに申告と納税をすれば一旦は終了ですが、全てが完全に終了したわけではありません。
相続税の税務調査は、遅い場合は申告期限から2年後位になる場合もあります。そして相続税申告全体の約3割が調査対象になっています。驚くべきことに、その内約8割について、何らかの申告漏れが指摘されています。また、一般的に税務調査というと、恐いイメージがありますし、税務調査官に専門的なことを言われても、何と答えていいかわからないものです。
松本会計では、お手伝いしたお客様の資料は大切に保管し、税務調査があっても、過去の裁判事例などを常に研究している専門家が対応しますので安心です。