金融機関の手続き

金融機関が口座名義人の死亡を知ったときは、その口座を凍結しますので、預貯金の出し入れが一切できなくなります。実際は、相続発生直後に葬式費用等のまとまったお金が必要になりますので、口座が凍結される前に預貯金を引き出す方もいらっしゃいます。
ただし、取引履歴から、口座名義人の死亡日以降に払戻しがあったことは明白ですので、葬儀代等故人に関係する支払いに充てたことを、きちんと記録しておかないと、後々相続人間でトラブルになる可能性がありますのでご注意ください。
また、遺産分割協議がまとまった後に金融機関所定の用紙で口座解約・払戻し手続きをすることになるのですが、葬儀費用等に充てるため、遺産分割前であっても払戻請求をすることができる場合があります。

金融機関の手続に必要な資料

  1. 遺産分割協議書
  2. 被相続人の出生に遡る戸籍謄本
  3. 相続人全員の戸籍謄本
  4. 相続人全員の印鑑証明書
  5. 不動産を相続する相続人の住民票
  6. 各金融機関が指定する書類

金融機関の相続手続きは、各金融機関によって必要な書類が違うことがありますので、
事前に各金融機関に確認をしてください。