トップページ >  消費税用語集

さ~そ

仕入税額控除(しいれぜいがくこうじょ)
課税仕入れや課税貨物の引取りの際支払った消費税を、売上等で預かった消費税から差引くこと。

事業区分(じぎょうくぶん)
簡易課税は、「預かった消費税」にみなし仕入率をかけて、「支払った消費税」とする方式です。
みなし仕入率は、事業形態によって5事業に分かれていて、それぞれ50~90%と定められています。

資産の譲渡等(しさんのじょうととう)
事業として、対価を得て行われる資産の譲渡、資産の貸付、役務提供の総称。

税込経理(ぜいこみけいり)
本体価格と消費税額を分けずに合計額で処理する経理方法

税抜経理(ぜいぬきけいり)
本体価格と消費税額を分けて処理する経理方法。

た~と

第一種事業(だいいっしゅじぎょう)
簡易課税の事業区分のひとつ。他の社から購入した商品を、その性質及び形状を変更しないで他の事業者に販売する事業。いわゆる卸売業。みなし仕入率は90%。

第二種事業(だいにしゅじぎゅう)
簡易課税の事業区分のひとつ。他の社から購入した商品を、
その性質及び形状を変更しないで販売する事業で、第一種事業以外のもの。いわゆる小売業。みなし仕入率は80%。

第三種事業(だいさんしゅじぎょう)
簡易課税の事業区分のひとつ。製造業(製造小売業を含む)、建設業、農業、林業、漁業、鉱業、電気・ガス・水道業、熱供給業などで第一種、第二種事業に該当するもの及び加工賃等を対価とする役務提供を除きます。みなし仕入率は70%。

第四種事業(だいよんしゅじぎょう)
簡易課税の事業区分のひとつ。第一種、第二種、第三種、第五種事業以外の事業。飲食店業、加工賃等を対価とする役務提供などがあてはまります。みなし仕入率は60%。

第五種事業(だいごしゅじぎょう)
簡易課税の事業区分のひとつ。不動産業、運輸・通信業、サービス業(飲食店を除く)で、第一種、第二種、第三種事業以外の事業。みなし仕入率は50%。

中間申告(予定納税)(ちゅうかんしんこく)
前課税期間の確定消費税額に応じ、当課税期間中に行う、当課税期間の税額の前払納付。予定納税方式と仮決算方式があり、課税期間を短縮している場合には中間申告は不要となります。

な~の

納税義務者(のうぜいぎむしゃ)
消費税を納める義務のある者のこと。
1.国内取引…国内で課税資産の譲渡等を行った事業者で、納税義務の免除の適用を受けない者
2.輸入取引…課税貨物を保税地域から引き取る者
※輸入取引では、引き取る者が課税事業者かどうかを問わず、消費税を納めることになります。

納税義務の免除(のうぜいぎむのめんじょ)
基準期間の課税売上高が1千万円以下である事業者は、その課税期間における課税資産の譲渡等については、消費税の納税義務は免除されます。

無料相談のご予約 松本会計へのお問い合わせ