代表挨拶


税理士 松本有志

税理士・行政書士 松本 有志

はじめまして。松本会計事務所の税理士・行政書士の松本有史です。
この度は、私どものホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。
ご挨拶を兼ねまして、私の簡単な自己紹介と私どもの事務所の考えなどをお伝えさせていただきます。

税理士になろうと思った訳

私が「税理士になろう」と思ったのは、高校3年生の時に大学を含めて自分の進路を考えていた時でした。最初は「経営者になって、いつか浜松に戻って事業をしたい」と漠然と考えていたのですが、大企業に入って歯車の一つとして働くのも嫌だなあとも思い、だったら「日々、経営者の方々とお付き合いのできる税理士として開業したい」と思い、税理士を目指すことになりました。

修行時代から開業時代

税理士・行政書士 松本 有志大学を卒業して最初は東京の税理士法人に、そして次はコンサルティング会社に就職しました。
税理士法人では相続などの資産税コンサルティングを、コンサルティング会社では株式公開コンサルティングなどを勉強させていただきました。どちらの事務所も大変厳しかったですが、この時代に、現在の私の仕事に対する考え方の基礎が築かれたと思いますので、今でも素晴らしい師匠に恵まれたことに大変感謝しております。

その後、浜松に戻って開業することになったのですが、実は最初から開業しようと思った訳ではありませんでした。初めはどこかの事務所に就職し、準備期間を経て開業しようと思っていたのですが、地元の会計事務所には「既に税理士である」ということを理由に断られ続け、「やむを得ず開業した」というのが正直なところです。そのため、開業は自宅で、顧問先もわずか1件からのスタートで、とにかく最初はお金が全然なくて大変でした。

現在はどんなこと考えていますか?

税理士・行政書士 松本 有志前述の通り、開業当初は本当に苦労しました。私の場合は幸い融資を受けることができたので乗り切れましたが、専門的な知識のない方だとお金を借りるのも大変なことだと思います。

皆様もご存知の通り、日本の会社の99.7%は中小企業です。多くの中小企業経営者はプレイングマネージャーとして売上をつくるプレイヤーと、会社の経営を行うマネージャーの両方を行わなければならず、なかなか会社の経営に専念することができません。
そこで、私どもは社長様の良き相談相手として、税金の計算やアドバイスは当然のこととして、資金繰りの悩みを解消するために何をするか?売上を創るために何をするか?など、経営上の課題を一緒に相談できる存在でありたいと考えております。

幸い、私どもには勉強熱心な若手スタッフが多数在籍しております。皆様の会社を更に大きく伸ばすために機動力を持ってサポートさせていただきたいと思います。
是非、お気軽に松本会計事務所に相談いただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。